売り手の戦略、バックエンド手法

image

今日はセミナーで横浜に来ています。

若いときから港町が好きで、教会や異人館、
外国人墓地、赤レンガ倉庫のある町で
過ごすのは愉しい時間です。

こんなふうに、用がある場所に行くために
お金がかかっても都合さえ合えば行けると、
ほんとネットビジネスを始めて良かったな、
と思います。

意識の高い仲間もでき、
心から純粋に「楽しい」です。


給料以外に収入がないと、ひたすら
「お金を使わないこと」に
フォーカスしてしまいがちです。

今は会社など自分以外の何かや誰かに
依存していない余裕が心にあり、
とてもじゃないが以前のスタイルには
戻れません。

あなたは、いかがでしょうか?
収入源、キャッシュポイントを今の会社
1つだけではなく、増やしたいと
考えているのではないでしょうか。


「恒常性」

今までやってこれたのだから、差し迫った
危機がなければ今のままがいちばん快適。

これが恒常性の怖さ。

散らかった部屋を片付けようとしても、
「けっこう居心地いいでしょう?
すぐ、また散らかるし」と物たちが言い、
片付けを阻止しようしてきます。


新しい収入源を作る=恒常性を変えるのは
大変なことです。

しかし今は信じられなくても
続けることで恒常性は必ず変わります。


あなたも、学生のときクラブ活動などで、
最初は「まるで無理、イメージさえ
湧かない」と感じたことが、たった一年
足らずで当たり前になったなど、
覚えがあるのではないでしょうか。


ビジネスに取り組んでいる自分が
当たり前になると、やらないほうが
気持ち悪くなります。


似た表現で「慣性の法則」が
よく引き合いに出されます。

動き出すまではテコでも動かないが、
一度動き出したら止めるほうが難しい。

これ、ほんとです。

それがビジネスなら?その人の強さは
想像するだけでも並外れたものでしょう。

ただ、行動しただけなのですが。


メンターや教材との出逢いは何より大切。
もしそれが詐欺商材だったら、成功どころか
全てが終わってしまいます。


私はツイてますので、極めて優良な教材に
出逢うことができました。

その教材が、無料で配布されています。

しかも、超優良エクササイズノウハウ
「メルマガブートキャンプ」まで附属。

もう、多少の無料オファーじゃ
驚かないですが、さすがにやりすぎ感も。

お金出して買った人もたくさん
いるんですからね。


【売り手の戦略】

これをひとつシェアします。

前にもお話した通り、人は支払った対価の
大きさによってのみ、価値を感じます。

無料で手に入れた教材を大切に実践する人は
皆無に近い。

だからこんなプレゼントができます。


この心理を前提に、バックエンドで
「このノウハウには弱点があった!」と
有料の補助教材販売ページへ飛ばします。

人は一度かけた手間に対し、たとえそれが
小さなものでも「無駄にしたくない」
という心理が働きます。

プラス、無料のものに重きを置かない心理。

この併せ技でバックエンドの成約率は
数倍に跳ね上がります。


更に、例えばバックエンドの商品が
1万円だとしたら、決済後、3,000円~
4,000円程度のツールなど商品ページに
飛ばします。


なぜか?

・無料→有料→更に高額商品

ではく、

・無料→有料→半額以下の補填ツール

とすることで売り込まれ感をおさえ、
一貫性の感情で買われやすくなる。


この「無料」→「バックエンド」
→「ダウンセル」一連の流れは一つの戦略。


ご紹介する教材は、それ単体でじゅうぶん
稼ぐための土台を造り、ノウハウを吸収、
運営できます。


また、後の売り込みも含め、
あなたのビジネスに磨きをかける気付きを
与えてくれます。

上手に、利用させてもらいましょう!


あなたの成功を
心よりお祈りいたします。

祐志

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る