「2・6・2の法則」について

イメージ

アフィリエイトASPの選定、登録は終わりましたか?

この3つのASPは必ず登録しておきましょう。
まず、インフォトップは何をアフィリエ
イトするにも登録しておくべきでしょう。

http://www.infotop.jp/two.php?pid=221197

次にインフォカート

http://www.infocart.jp/t-/c/s/aharajiri/

自己アフィリやセルフバックも充実して
いるA8.net

http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=1ZXIVF+2BCRSA+0K+ZT81F

その他、

レボリス

http://123direct.info/tracking/subaf/687866

カプセルZアフィリエイトセンター

http://123direct.info/tracking/subaf/687874

インフォゼロ

http://info-zero.jp/?icd=23908

アンリミテッドアフィリエイトセンター

http://123direct.info/tracking/subaf/687901

リッチブレインアフィリエイト

http://123direct.info/tracking/subaf/687902

キャッチ ザ アフィリエイト

http://123direct.info/tracking/subaf/687906

ZERO-ONEアフィリエイトクラブ

https://www.mail-marketing-club.jp/aff/27702/100/

それぞれに扱う商品やサービスに特徴があるので、とりあえずは登録してお
きましょう。

最初は登録したり仕組みを作ったりと、やることが多くて大変ですが、後々のスピードアップのためにも同じような作業はまとめてやってしまうのがお勧めです。

作業を次々やっていくと、フットワークが軽くなっていくのを感じるはずです。

これはとても大切な変化です。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

【編集後記】

「2・6・2の法則」、御存じの方も多いでしょう。

あらゆる集団に属する人の特徴を割合で表したもので、「パレートの法則」とも言われます。

上位2割
⇒自ら考え、行動し、結果を出す層。

中位6割
⇒与えられた指示に対し、こなすことが
できる。
向上意欲があり、 教育次第で一定レ
ベル以上に達する可能性がある層

下位2割
⇒与えられた課題さえ行わない。
そもそも成長する気が無い層

私は業務のかたわら、一級建築施工管理技士資格取得のための講習会講師をしています。

今年の学科試験では一般合格率30~40%のところ、受講生全員合格を達成しました。

なぜ、合格率100%を達成できたのか知りたいですか?

OK、お教えしましょう。

私はターゲットを明確に、最も多い中位6割の層へ向けて力を入れたのです。

下位2割は早々に諦めてもらいます。これは無責任ではなく、お互いの利益のためです。

私は合格率を上げ、彼らは講習会の無駄で苦痛な時間を過ごさずに済むのです。

上位2割は私が居なくとも合格します。

まさに「時間対効果」にフォーカスした作戦と言えるのではないでしょうか。

そしてこの法則は受験生に限らず、あらゆる場面に適合します。

部下、上司、取引先、お客様・・・全てです。

ここにビジネスでも応用が考えられます。

あなたは、「~であるべき」と上位2割だけを見ていませんか?

残念ながら、そんな優秀な人は2割です。

中位6割の多数派を対象にすることが、あらゆるプロジェクトを円滑に進めるコツです。

「自分は選りすぐりの人材としか仕事をしない」なんて考えていたら、生涯不満ばかり口にするようになるでしょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る