試験に強い人

image

冬本番の大寒波。
ここ大阪でも強い風が吹き、
気合の入った寒さです。

インフルエンザも大流行で、会社でも
休んでいる人が多いです。


身体は全ての幹。全ての基本。

どんなに凄い人でも病気になったら
ただの人になってしまいます。


【試験に強い人】

私は建設関連資格試験対策の講師を
していますが、塾生の中でも
「合格しやすい人」に傾向があります。

今日から数日間これをシェアします。

ビジネスの勉強、成果にも
当てはまりますので、
慎重に読んでくださいね。

■合格しやすい人の特徴

1.素直で愚直。言い訳をしない
2.取捨選択ができる
3.基礎の大切さを理解している
4.目的意識がはっきりしている
5.長時間勉強しない


【素直、愚直、言い訳をしない】

何に取り組むにせよ、講師、メンターは
不可欠です。

「独学」も可能かもしれませんが、
よほどの才能に恵まれた人以外は
習ったほうが早い。

いや、才能に恵まれた人なら
尚更メンターを求め、教えに従うでしょう。

これは極めて大切で、自分の考えを入れて
取り組んでしまう人の合格率は下がります。

まずは講師(メンター)の言う通り、
素直に愚直に実行することが大切。


そして皆、忙しいなか取り組んでいるので、
取り組めない理由を探し言い訳するようでは
成果は難しい。

うまくいく人は、言い訳をしないものです。


【取捨選択をできる】

とても真面目な人には、100点を
目指して学習に取り組む人がいます。

もちろんその向学心は素晴らしいですが、
残念ながら、効率が良いとは言えません。


過去問題で、受験生正答率が10%を
下回るような設問には
時間をかけるべきではありません。

こういった取捨選択、悪く言えば割り切りが
できる人の模擬試験での答案は、空欄が
目立ちます。


これは他の設問にかける時間に
回している証拠。

普段の学習も他の設問に時間と
エネルギーを使っているため、
正当率の高い設問の取りこぼしが
なくなります。

こういう受講生は、
まず間違いなく合格してきます。


いかがでしょう?
ビジネスにも応用が効くのでは
ないでしょうか。


次回も、続きをシェアします。

ビジネスの肝の部分にも触れていきますので
必ず読んでくださいね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る