熟練の受験生

image

「合格者の特長」と題して昨日は

1.素直、愚直、言い訳をしない。
2.取捨選択ができる

についてお話ししました。次に


3.基礎の大切さを理解している
4.目的意識がはっきりしている


「なにを今更」と言われそうですが、
残念ながら驚くほど理解している人は少ない。


例えば夫婦関係を友人知人に
聞いてみてください。

「戦争」、「それなり」、「空気」・・。

本来の目的、「幸せで安らげる関係」、
「お互いに高めあい、与えあう関係」とは
程遠い声が聞こえるのではないでしょうか。


また、会社はいかがですか?

顧客を満足させ利益をあげるために
あるはずの会社が、
社内向けの書類を山ほど作らせたり、
派閥争いやお客様とは関係のない
問題にエネルギーの多くを
使っているのではないでしょうか。

顧客のほうを向いていない企業は
衰退するしかないことは
誰の目にも明らかですが、
それを理解し行動・実践している人、
あなたの周りの何割でしょうか?


私たちは本来の目的を忘れがちです。

残念ながら人はそれほど賢くありません。


今、何かに行き詰まっていたら、
是非基礎に戻ってみることをお勧めします。

案外、忘れていることに気付き、驚きます。

これを常に意識すると、ビジネスは当然、
家族との接し方からして、変わりますよ。


話は戻り資格試験、特に難関資格の場合、
本来の目的【合格】を忘れ
100点を目指したり、受験テクニックや
裏ワザ、試験制度などにやたらと詳しい
「熟練の受験生」が生まれます。

時間を使いネットで予備校の批評をしたり、
あまりカッコいいものではありません。


明日は

5.長時間勉強しない

についてお話します。

「頭も筋肉のうち」という話を
覚えてますか?

受講生合格率100%を叩きだした学習法の
一部をシェアします。

必ず読んでくださいね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る