パレートの法則とは

円グラフ

経済において、全体の数値の大部分は、全体を構成するうちの一部の要素が生み出しているという説。

この円グラフでは、20%が大部分の要素を持っているということになる。

イタリアの経済学者ヴィルフレド・パレート(Vilfredo Federico Damaso Pareto)が発見した
冪乗則(べきじょうそく)であり、自然現象や社会現象など様々な事例に当て嵌められることが多い。

この割合は様々な場面で驚くほど当てはまるが、何でも「パレートの法則」と言ってしまうのは、
いささか無理矢理かと思います。

この説、ビジネスでも当てはめて語られることが多いです。

例えば稼げる人、稼げない人の割合。

まず、スタートが100人として、ノウハウを手に入れて実践まで落としこむ割り合いが20%。

更に、その中で成果が上がるのも20%。

すると、100人中4人しか成果が出ないことになります。

4%、どこかで聞いたことのある数字ですね。

そう、「月に5,000円以上稼げる人の割合、およそ5%」と合致します。

いかがでしょう。いかに行動することが大切か、分かると思います。

もしノウハウや情報をお持ちで、実践まで行なっていないとしたら、やってしまいましょう。

それだけで上位20%に入ってしまいます。

「もし、失敗したら?」、「投資が浪費に終わったら?」、「中途半端な知識で実践しても無駄では?」

そんな心配する声が聞こえてきました。


OK、その心配を払拭して差し上げましょう。どんなときも救済策はあるのです。

次回、とっておきの方法を掲載しますね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る