ネットビジネスセミナーでの教わり上手【3】

image

セミナーについてここ数日
お話していますが、
タイムリーなことに昨日は複数の
起業家さまとビジネスについて語りました。


一般的に「怪しい」と思われがちな
ネットビジネスですが、実際のところ
皆真摯で、真剣です。

お酒の席でも出る話はビジネスのことばかり。

怪しいどころか、普通の会社の飲み会では
考えられないほど、
意識の高い人の集まりです。

また、例外なく裏表の無い良い人ばかり。

もしまだ「怪しげな業界」なんて
イメージがあるなら、是非セミナーなどに
行ってみてくださいね。


昨日まで、セミナーでの教わり上手、

・前の方の席で、笑顔で頷きながら聞く。

・質問をする。

・懇親会などで明るい。

についてお話しました。

今日は得た知識、情報を自分に落としこむ
最も効果の高いとっておきの方法を
シェアします。


【アンケートで
 「今日の内容を理解できたか?」の問に、
 「人に指導できる」にチェックを入れる】


これ、例えば

「理解できなかった」、

「まあ理解できた」

「理解できた」

「人に指導できる」

と段階をつけてアンケートに
記載するのですが、「人に指導できる」に
チェックを入れる人は、その講義の
結果ではなく、元々その気で来ています。


ここに最も強力な学習法があります。

「指導するつもりで学ぶ」。

これ以上に理解の深まる学習法は
ありません。


究極の学習法は、

「人を指導すること」です。


指導する気になると

・資料が必要
・過去の分析
・新傾向の対策
・質門に答えられる知識
・時間配分
・会場設定

などかなり多岐に渡って考慮しなければ
なりません。

たいていの受講生は受け身で、
インプットばかりに意識が行き
アウトプットを行う気がありません。

試験で言えば、合格だけが目的に
なっているので、合格ラインで
アップアップしています。

この一線をポンっと超えるには、
指導者になること。

そうすると10回受験すれば
10回合格できるようになります。


「アウトプットを前提にインプット」

これがセミナーの時間帯効果を最大限に
あげる最も強力な方法です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る