サラリーマンに最適なSEO対策の取り組み方

113

いつもありがとうございます。

Yujiです。


前回、一般的に効果的と言われている
SEO対策を列記し、その効果に疑いを
かけました。

いや、効果が無いと言いきるのは乱暴。

「効果があるかもしれない」としか
言えないものや、実行するには
あまりに手間と時間がかかるものなど
我々サラリーマンはやらないほうがマシと
言いたいのです。


例えば非リンク目的のサテライトサイト。

1つや2つならともかく、20も30も
作るために何十時間かかるでしょう。

そんなことをしているヒマがあるなら
一つのコンテンツを作りこんだほうが
遥かに効果的。

「手間がかかることは、誰もやらないので
喜んでやるべき」という考え方も
正しいとは思いますが、時間対効果を
考えたとき得策とは言えません。

大抵の場合、上位数パーセントしか
効果が現れることはなく、そこへ行きつく
ためにはよほど戦略的な計画と資金が必要。

我々サラリーマンが副業で行うには、
時間の無駄に終わる可能性が高いです。


【ブログを育てる意識】

基本的な考え方として、ブログに即効性を
求めるべきではありません。

開設して数か月はアクセスがなくて当然。

オールドドメインの購入を否定しましたが、
ブログというのは年単位で考えて
「育てていく」意識が大切と思います。

そこを理解すると、フォーカスするべき
部分が見えてきます。


◆優良、有益なコンテンツを掲載する。

「当たり前のことを言わないでくれ」と
聞こえてきそうですが、ページ数を
かせぐために内容の薄い記事を10作る
くらいなら、優良な1ページのほうが
良い、という意味です。

テキストなら600字とも800字とも
言われていますが、短すぎず、長すぎず。

訪問者にとって有益な情報を
見やすく読みやすく掲載します。


◆アイキャッチ画像の使用

画像ファイルは、表示が重くならない
程度に使用します。

最近は通信速度が速いので
あまり気にしない人が多いようですが、
スマートフォンや携帯電話、
モバイル環境での表示を考えると
できるだけ軽く、早く表示できると
訪問者様がストレスなく
閲覧できるでしょう。

ファイルサイズを小さくする方法として

1.JPEGファイルを更に圧縮する。
  (劣化させる)

2.GIFファイルの色数を減らす。
  (例:256色→128色、64色へ)

3.大きさを小さくする場合、タグで
  サイズを指定せず、元画像を
  掲載サイズに編集しアップロードする。

特に3は忘れがちで、サムネイル化した
小さな画像群表示のために元ファイルを
そのままアップロードしていたら、
かなりの容量になってしまいます。

いずれの方法も、画像編集ソフトが
必要です。


◆動画コンテンツを使用する

動画コンテンツは、ページの滞在時間を
伸ばすために有効。

訪問者にとっても明解で分かりやすく、
説得力があるでしょう。

また、

1.慣れれば製作に時間がかからない。

2.自分の声を聞いてもらえる。
  (距離感が近くなる)

3.誌面が華やかになる。

これらもメリットの一つ。


ここまでの内容で、訪問者様の役に立つ
サイト、情報が望ましいことが分かります。


【人の目で判別している?】

Googleの評価・判断方法や基準は我々に
分かるはずがありませんが、自動巡回
ロボットと言うには不思議なほど正確。

「まるで人の目で全てのサイトを
見ているかのような・・・」

小手先の対策で評価が下がることは
あっても上がることはない。

あくまでも利用者の利益になるサイトが
検索上位に上がるようになっています。


「内部リンクの充実」ひとつとっても、
機械的に各ページがリンクされているだけ
ではなく、「利用者が閲覧しやすいように」
リンクしていることが重要。


次回、我々サラリーマンが行う
SEO対策を更に掘り下げてみましょう。



あなたの成功を

心よりお祈りいたします。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る